• TOP > 
  • お知らせ > 
  • コラム > 
  • 2022年版|販売代理店が厳選!Web会議や電話におすすめ•Web会議ブース(フォンブース)7選

2022年版|販売代理店が厳選!Web会議や電話におすすめ•Web会議ブース(フォンブース)7選

これからのオフィスの必須設備、Web会議ブース(フォンブース)とは?

これからのオフィスの必須設備、Web会議ブース(フォンブース)とは?

Web会議ブース(フォンブース)は周囲の音や雑音、視線などを遮断し、Web会議などを快適に行うことができるスペースのことです。遮音効果や音漏れ防止機能が備わっているため、集中して作業するスペースとしても利用されています。また、周囲に聴かれたくない電話をする時などにも利用ができます。

Web会議ブース(フォンブース)を設置するメリットとデメリット

■Web会議ブース(フォンブース)を設置するメリット
【会議室が埋まっていてもWeb会議ができる】
Web会議のために会議室を予約したくても、予約が埋まっていたり、大きな会議室しか空いていないということはありませんか。Web会議ブースがあれば、会議室の代わりに個別でWeb会議を始められます。

【情報漏洩のリスクを軽減できる】
Web会議や電話の内容が、他の社員や来訪者に聞かれてしまうと情報漏洩のリスクが高まります。音漏れ防止機能が備わったWeb会議ブースがあれば、周囲への情報漏洩を気にすることなく、やり取りが可能です。

【生産性が高まる】
Web会議ブースは集中スペースとして利用ができます。コミュニケーションを取りたい時はオフィスのスペースで、集中したい時はWeb会議ブースで、と業務内容に応じて場所を変えることで作業効率を上げることができます。

■Web会議ブース(フォンブース)を設置するデメリット
【スペースが必要】
Web会議ブースは、狭い部屋に設置すると圧迫感を感じることがあります。壁側や部屋の隅に設置されることが多いですが、窓からの光を遮らないか、通る人の邪魔にならないかなどを検討しておくことで、圧迫感を感じにくく、Web会議ブースを活用することができます。フロンティア技研では、オフィス全体のレイアウトからのご相談もご好評をいただいております。

【消防法の観点から届出を出さなければならないケースがある】
Web会議ブースの仕様によっては、消防法では「居室」とみなされ、設置する前に消防署への届出が必要なケースがあります。設置する階数によって自動火災報知器や煙感知器が必要となり、さらに高層階の場合や天井とブースの隙間が狭い場合は、スプリンクラーやその他自動消化装置などが必要になります。フロンティア技研では、届出の提出まわりのサポートもしておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

Web会議ブース(フォンブース)のタイプ

■クローズドタイプ
クローズドタイプのWeb会議ブースは、電話ボックスのように、天井や周囲が囲われた個室ブースです。遮音性に優れており高い集中環境を作ることができます。機密性の高いWeb会議を行いたい時、集中して作業したい時に利用することがおすすめです。

■セミクローズドタイプ
セミクローズドタイプのWeb会議ブースは、パーテーションやパネルでスペースを囲んだ半個室スタイルのブースです。天井は空いているため、Web会議ブースとして利用する場合は、音対策のために周囲と離れた場所に設置するのがおすすめです。

Web会議ブース(フォンブース) おすすめ7選

■クローズドタイプ

【オカムラ テレキューブ by オカムラ】

「オカムラ テレキューブ by オカムラ」は、フルクローズ型のWeb会議ブースです。グラスウールを内蔵した吸音パネルによる高い静音性が特徴です。1人用、2人用、4人用タイプがあり、カラーバリエーションも豊富です。天板とソファは抗ウイルス機能付き。1分未満でブース内の空気をすべて換気する換気ファンも搭載しています。壁にモニターを取り付けることができ、電源は最大で6口設置できます。

【イトーキ アドセル】

「イトーキ アドセル」は、不燃吸音材を利用した「高い遮音性」と「段差のない仕様」が特徴のWeb会議ブースです。扉は有効開口900mm以上で、広く段差がないため、どんな人でも使うことができます。ドア対面壁はガラスタイプとパネルタイプから選ぶことができ、配置場所に応じてデザインできます。調光や調色が可能なダウンライト、熱感知式消化器、換気用ファンなどの様々な機能があります。ソロブースのみの展開です。

【イトーキ フラメリー】

「イトーキ フラメリー」はフィンランド最大のオフィス家具メーカーフラメリー社のWeb会議ブースです。スマートなデザインと高い遮音性から世界各国の企業で採用されています。扉を閉めるとほとんど外の音が聞こえないため、スムーズにWeb会議を行うことができます。人感センサーライト、エアサーキュレーション、転倒防止版、コートフックなど快適に利用できる機能が豊富です。スタンディング仕様のソロブース(1名用)とデュオブース(2名用)があります。

【イナバ ビズブレイク】

「イナバ ビズブレイク」はエクステリアで培った「イナバ」の剛性構造と、「KEN OKUYAMA DESIGN」監修の高いデザイン性が特徴のWeb会議ブースです。ウレタンを使用したドアパネルによって高い吸音効果があります。体を包み込むような形状の天板は、机上面を広く使って作業することができます。配線処理ができるコードホールパネルや、スプリンクラー、換気扇、LEDダウンライトなどの機能もあります。

【日東工業 プライベートボックス】

「日東工業 プライベートボックス」は、キャスター付きで設置後も移動可能なWeb会議ブースです。ボックス内部の吸音パネルが、内側から外側、外側から内側への音を約20dB低減します。カラーはベージュホワイトとブラックのほか、木目調などもありオフィス空間に合わせたセレクトが可能です。熱感知式消化器、換気用ファン、LED照明、電源2口、USB1口といった機能も揃っています。

■セミクローズドタイプ

【オカムラ スノーハット】

「オカムラ スノーハット」は、四方を囲うセミクローズタイプのワークブースです。「スノーハット」は日本語で「かまくら」を意味し「程よいこもり感」がコンセプトです。セミクローズタイプでありながら、内蔵された吸音パネルや天井のルーバーによって、視線や音をほどよく遮り、集中力を高めてくれます。ドアは引き戸で通路の邪魔になりにくく、ガラスドアが圧迫感を感じさせづらい仕様。限られたスペースでも設置しやすい設計です。1人、2人、4人の組み合わせがあります。オプション機能が豊富な点も魅力です。

【イトーキ ライトブース】

「イトーキ ライトブース」は天井開口型でありながら、吸音パネルと吸音ルーフによって高い防音性能を実現するWeb会議ブースです。天板方向をフロント・サイド方向から選べるため、話し声の方向をコントロールして防音性を高めることができます。4面をパネル+ドアで囲んだ単独タイプの他に、3面をパネル+ドアで囲んだ連増タイプがあります。連続してブースを設置することで、コンパクト、低価格に設置ができます。シンプルなデザインながら、カラーバリエーションも豊富でカジュアルにもフォーマルにも対応できます。1人・2人・4人の組み合わせが可能です。

いかがでしたでしょうか。フロンティア技研では、オフィスにまつわる様々な課題をプランニング・工事・申請業務でサポートしています。
気になったサービスやオフィス全般での漠然とした質問等ございましたら、下記よりお気軽にご相談くださいませ。

お気軽にご相談ください
東京の大田区・品川区・目黒区・世田谷区・渋谷区、神奈川の横浜市・川崎市でオフィス開設や移転をご検討ならフロンティア技研におまかせください。
  • TEL. 03-3755-3211
  • FAX. 03-3755-9411

メールでのご相談はこちら

© 2018 株式会社フロンティア技研
決算セール開催中事務椅子
が定価の
50%OF