• TOP > 
  • お知らせ > 
  • コラム > 
  • 「働く」と「暮らす」を 越境するワークチェア【バーテブラ03】

「働く」と「暮らす」を 越境するワークチェア
【バーテブラ03】

CONCEPT
ラテン語で「脊髄」の名を持つワークチェア“Vertebra(バーテブラ)”
このプロダクトのコンセプトは、「人間優先のオフィスチェア」。“vertebra03(バーテブラゼロサン)”は、これからの時代の自由な働き方への回答として、イトーキがプロダクトデザイナーの柴田文江氏を迎え、これまでのオフィス家具にはないリビングワークにも馴染む佇まいと快適性を実現する先進のメカニズム。そして、使い手や空間の個性に合わせて自在にカスタマイズできる拡張性の高さも特長です。今までもこれからも、イトーキは日本の「働く」をもっと自由に変えていきます。

LINE UP

“vertebra03”の魅力は、機能やデザインだけでなく、それぞれのワークスタイルや空間に合わせて、自由にカスタマイズできる拡張性の高さにもあります。マットな質感にこだわって仕上げた4種のボディカラーに、シーンに合わせて選べる脚は3タイプ。ファブリックは“vertebra03”のために製作したオリジナルタイプや、北米最大のテキスタイルサプライヤーであり、そのクオリティで世界的な定評を誇る「Knoll Textiles」のハイグレードタイプまで、表情と質感の異なる全28種類をラインナップ。 “vertebra03”で、毎日の「働く」と「暮らす」をもっと楽しく。使い手のセンスで選べるワークチェアです。

FUNCTION
背と座が自然と動き、どんな姿勢でも座る人の身体に優しくフィット。人間工学に裏付けされたその画期的な座り心地で高い評価を得てきた“Vertebra”シリーズ。“vertebra03”は、その先進の機構をさらにアップデイト。「人間優先のオフィスチェア」という機能コンセプトを、さらに推し進めました。

一体化したフレームの肘部と背もたれに搭載した機構により、スムーズなロッキングを実現。前傾・直立・後傾・ストレッチ姿勢に自在に対応するだけでなく、背の動きに追従するように三次元形状のシートがスライドすることで、手動操作なしで、座る人を自然と正しいシートポジションに導きます。

また、体重を前へ移動させると、座面が前方に傾斜。大腿部への圧迫を感じさせることなく、デスクワークを快適にサポートします。一見、そのリビングライクな姿からは、想像もつかない多彩な機能を搭載した“vertebra03”。ワークチェアの未来はこのイスから始まります。

お気軽にご相談ください
東京の大田区・品川区・目黒区・世田谷区・渋谷区、神奈川の横浜市・川崎市でオフィス開設や移転をご検討ならフロンティア技研におまかせください。
  • TEL. 03-3755-3211
  • FAX. 03-3755-9411

メールでのご相談はこちら

© 2018 株式会社フロンティア技研