【新商品】天然素材が生み出す造形美、サステナブルなテーブル【シルタ】

シルタ 木の心地よさとロングスパンの美しさを兼ね備えたビッグテーブル

■木が人に与える効果
イトーキが行った共同研究でオフィスにおいて木製家具がワーカーに与える効果の実証実験を行いました。
実際のオフィス空間でクリ厚突板、木目メラミン・白色メラミンの3種の大型テーブルを使用し、
それぞれの天板使用時におけるワーカーの集中力、発想力、生理・心理面に及ぼす影響について検証しました。
下記の表の通りですが、クリ厚突板テーブルを使用することで集中力や発想力が向上し、
ストレスや不安感が抑えられることがわかりました。
白など無機質な色が使用されることが多いオフィス空間ですが、
木質化することがワーカー達に良い影響を与える結果が出ました。


■天板仕上げ
重厚感のある50mm厚の突板天板には、通常用いられる突板の10倍の厚さの国産のクリ材を採用しています。
木のナチュラルな風合いや味わいが感じられます。


■一枚板を思わせるライブエッジ
国産のクリの原木から切り出し、そのままライブエッジとして使用しています。
二つとして同じ形の無い迫力のあるテーブルはオフィスのシンボルとして存在感を放ちます。
長側面はライブエッジ(耳付エッジ)と平エッジの2種類から選べます。


■机上コンセント
どこからでもアクセスしやすく、スマートに電源を使えます。


■無垢材にはできない、「橋」をモチーフにしたデザイン
無垢材は木の魅力を100%素材ですが、大型テーブルに使用するには精度・耐久性に難がありました。
シルタはロングスパン(6mまで)でも中間脚やビームを必要としない構造になっており、大型テーブルでもスッキリした造形に仕上がっています。スチールの脚は橋をモチーフとしており、強度と美しさそしてワーカー達が橋を渡って繋がっていくことを表現しています。

心身の安らぎ・生産性と創造性の向上にシルタなどの木製家具を取り入れるのはいかがでしょうか。

お気軽にご相談ください
東京の大田区・品川区・目黒区・世田谷区・渋谷区、神奈川の横浜市・川崎市でオフィス開設や移転をご検討ならフロンティア技研におまかせください。
  • TEL. 03-3755-3211
  • FAX. 03-3755-9411

メールでのご相談はこちら

© 2018 株式会社フロンティア技研
決算セール開催中事務椅子
が定価の
50%OF